So-net無料ブログ作成

北方領土、還って来ないと思った方が良い。 [放言]

ロシアとの平和条約交渉を再スタートさ
せるため、安倍晋三は1956年の合意
内容に遡り、その内容を中心にした交渉
を行う、と表明した。今まで、四島一括
での領土交渉であったのを、56年当時
の「歯舞・色丹群島を返還する」という
合意にまで後退させたのである。

確かに、国後・択捉島には多くのロシア
人が居住し、軍隊も駐留している。返還
のハードルは高いのだろう。しかし、元
々歯舞・色丹は日本固有の領土であって、
占領していた国後・択捉とは事情が異な
る。

もともとの主権のある領土と、その後獲
得した領地とは意味合いが違う。ここで
譲歩したら、もう国後と択捉はロシア領
として確定するだろう。これも無謀な戦
争を始めたことのツケでもある。二度と
戦争をしないこと、そして世界の中での
立ち位置を明確にすることが大切である。
そうすれば、国際的紛争など、何かの拍
子に残り二島も返還されるかも知れない。


images.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。