So-net無料ブログ作成

教育勅語というもの [苦言]

稲田朋美防衛大臣が、教育勅語を賛美するよ
うな国会答弁をして、批判されている。教育
勅語はそれ自体として右翼的思想や戦争への
賛美をしているわけではないが、いざという
ときには万世一系の天皇家を存続させるため
に命を投げ出すのだよ!臣下たちよ!という
ような内容である。

親を大切にせよ、とか、家族を大事にせよ、
という部分だけを見て、道徳的に正しいと主
張するのは全体の趣旨を見ていない、近視眼
的な読み方なのだ。文語体だから多分意味が
分からず、否定的に見ていない人が多いが、
要するに「朕のために死ね!」ということな
のである。終戦後に衆院・参院ともにこの勅
語を否定したにも関わらず、現職大臣がこれ
を賛美するのは憲法尊重義務違反にあたる。

弁護士出身なのに、法律も憲法もまるで分か
っていない。こんな人物に自衛隊の統括がで
きるのか?さっさと大臣を辞め、議員も辞職
すべきである。

稲田朋美-300x250.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

脳みそが筋肉で出来ている奴、パート2 [放言]

先日、地方議員について「この程度でなれる
のか」という話を書いたが、今回はさらにわ
けの分からないお方の話である。それは民進
党に所属するK議員のこと。

無題.png無題.png

民進党といえば、国会でも矢鱈にブーメラン
現象を起こし、自分の発言の矛先が自分に返
って来るという繰り返しであるが、地方議会
でも同じらしい。予算委員会で、予定外の質
問者として登場するや否や、区が支援してい
る中高年向けフリーペーパーに元議員の写真
と名前が載っていたのは怪しからん、と言い
出した。その元議員は体育系の競技連盟の理
事長をしていて、その競技をしている人たち
の推薦で、競技の楽しさを語っている記事が
載っていたのだ。彼はその元議員が今も政治
活動をしていて、次回の選挙にも出る可能性
があるのに掲載をさせるのはおかしいではな
いか、とか、何故公金を出している紙面にそ
ういう記事を載せるのを認めるのか?などと
吠えていた。

担当の理事者は「問題は無い」と言いきって
いたが、なおも追及するような口ぶりであっ
た。でも、考えてみて欲しい。今は議員では
無い人が他の地域活動で紙面に載ったからと
いって、何か問題があるか?現職なら公職選
挙法違反であるし、選挙期間中なら候補者が
載っても同様に問題になる。しかし、今は選
挙期間でも無いし、候補者でも議員でも無い。
イメージで「おかしい」と言っても、政治的
発言もしていない人を非難するのはお門違い
である。

しかもこの議員、以前自分の議会活動ニュー
スを区の広報そっくりに作って、住民から非
難を浴びたことがある。自分こそ、議員活動
を逸脱していないか?まさにブーメランであ
る。他党の議員が、あまりに酷い質問内容に
大笑いして野次を飛ばしていたが、むべなる
かな!!!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

地方議員は頭が筋肉でも勤まるのか? [放言]

先日、新聞に組体操で怪我をした児童の親御
さんが区を相手取って訴訟を提起した、とい
うニュースが載った。
これはこれで、良くある話ではある。すると
その区の議員がブログにこういうことを掲載
した。

「区長はどのような考えなのか、コメントを
出すべきである」

まあ、ありがちな意見ではあるが、当方から
言わせていただくと「アホか!?」という世
界である。

自治体が訴えられるという場面はかなりあり
その都度、マスコミからは首長のコメントを
求められる。その際、正しい対応とは何か?
それは・・・

「訴状が届いて居ないのでコメントできない」
である。これは、裁判という場面になってい
る以上、その判断に影響するようなことは言
うべきではないし、言ってはならないという
ことである。正に常識ですらある。
だから、判で押したように「コメントできな
い!」というコメントをするのである。

また、首長が教育に関する事項について詳細
にコメントするのもいかがなものか?教育に
ついては行政委員会である教育委員会の所管
事項であり、たとえ首長であってもむやみに
介入すべきことではない。

以上の点からも、首長はコメントを出すべき
ではない、というのが常識である。
それなのに、そういうことも知らずに議員を
しているこやつは何なのか?
やはり、筋肉自慢のこの男、脳みそまで筋肉
で出来ているようである。こんなのに投票を
した有権者は反省すべきであろう。

og_image.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

「若手の斬新な意見を求める!」と、ベテランは腐る? [苦言]

自分は還暦を過ぎているのに、どうも若い人
の意見、というのが好きな首長が居る。いつ
ものことながら、それはこの人。

imagesNTUF03EA.jpg

シンポジウム好きという話は以前に書いたが、
もう一つ好きなのが「若い人の斬新な意見
というやつ。若手の職員(30歳台まで)を
集めて、ワールドカフェ方式(議題ごとにグ
ループのメンバーを入れ替えて議論する方式)
で討論をするというスタイルが好きなようで
ある。オリンピックについての検討もそうだ
し、実施計画づくりにもこの方法を取り入れ
るようである。でも、若手重視は良いが、本
当にそれだけで良いのか?

実際に政策を創り上げるのはその上の世代=
ベテラン層である。若手が出した斬新な意見
をそのまま具現化するほどお人よしではない
だろうし、彼らなりのフィルターやオブラー
トに包んでしまうのではないか。それよりも、
そういう検討の場に酸化できないベテラン層
は「どうせ相手にされないのね!」とやる気
が失せるのではないのか。もともとお役所な
んていう所は、やる気の薄いベテラン層を抱
えているわけで、彼らのやる気をさらに失く
すと組織のゾンビになってしまいかねない。

改革、改革と叫ぶ前に自分の頭の中を少し改
革してみてはどうですかね。某区長どの!!!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

下北沢「天狗まつり」の豆まき [雑記]

下北沢の町では、毎年節分の少し前の休日に
天下一天狗道中」というイベントが催され
る。これは、北沢にある真龍寺というところに
伝わるもので、一本足の下駄を履いた大天狗
を中心に、烏天狗や扮装をした街の人々が練
り歩き、諸方で豆を撒くというものである。
この寺の守り神が天狗なのだそうで、その豆
まきが少し変わっている。

11627967.jpg

普通なら叫ぶはずの「鬼は外」を言わないの
である。「福は内」だけを三唱し、鬼は登場
しない。これは寺の開祖と言われる和尚さん
が「心に福が満ちれば、鬼はおのずと退散す
る」と語ったことによるものらしい。(諸説
あり)なるほど、鬼を追い払うのではなく、
福を呼び込むことで鬼の居場所を失くすとい
うわけだろう。

このイベントの大天狗は、商店街で最も身長
の高い若者が選ばれ、一本足の高下駄で歩く
練習を積んで、当日を迎えるという。豆を受
けようとする人で商店街はけっこうな混乱?
になるが、それよりも困るのは豆を踏み潰す
と、せっかくの透水性舗装が詰まってしまう
ことらしい。今風な悩みである。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

恵方巻 [食]

世の中では思わぬものが大流行することがあ
る。節分では昔から「豆まき」だったはずな
のだが、今は豆より「恵方巻」である。この
恵方巻、元々は関西の風習であった。いわゆ
る太巻き寿司を、切らずに一本丸ごと食べる
もので、その歳の恵方(=歳徳神が居られる
方向)を向き、願い事を念じながら無言で食
べるというものである。さらに元々は、京大
阪の豪商が、芸妓たちにこの恵方巻を食する
ことを強要し、その苦しむ姿を見て楽しんで
いたという、いささかサドっ気のある催しだ
ったらしい。(諸説あり)

無題.png

初めてこの恵方巻というものに遭遇したのは、
今から50年近く前。大阪に転勤になった父
とともに親戚の家に宿泊していたところ、ち
ょうど節分だったので、夕飯にこれが出され
た。「何?これ?」と叔母に聞くと、「これ
を1本、こっちの方角を向いて食べるんや。
でも、途中でしゃべったらあかんで!」と言
われたのである。子どもだったので、けっこ
う苦労した。しかし途中で父が帰宅し「何し
てる?」と聞いたものだから堪らない。喉に
詰めそうになって苦しかったことを覚えてい
る。

こんな不思議な風習が、コンビニエンススト
アを通じて全国区になるのだから世の中は不
思議である。最近では、豆まきをすると掃除
が大変、ということで豆は省略し、恵方巻だ
け、という家も増えているそうだ。まあ、節
分という行事自体が、大昔の平安時代とは違
ってきているので、イベントは世につれ、と
いうことで良いのかも知れないが(苦笑)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ジャイアン [怒!]

トランプ大統領が、メキシコとの国境に壁を
築き、イスラム圏からの渡航ビザを一時停止
するそうである。さらに、ネイティブ・アメ
リカンの聖地にパイプラインを通し、移民を
半減させる政策も打ち出そうとしている。自
分を批判するメディアを罵り、嘘つき呼ばわ
りするくせに、自分自身は大嘘つきである。
この人の性格って、本当にドラえもんに出て
くる「ジャイアン」そのままだ。

こんな破綻した性格のジジイに、アメリカ人
の半数近くの人が投票したことに驚く。会社
の社長と合わないのなら、会社を替わるとか
辞めるとかできるが、国民である以上、頭領
が嫌でも国籍はそう簡単に変えられない。
アメリカがどんどん悪いほうに行っているよ
うに思うが、国民は黙っているのだろうか?

このままではイスラエルと同じようなフェン
スが作られ、無機質なその姿が国境だけでな
く、相互の国民をも分断するだろう。イスラ
ム圏の国々はますますアメリカが嫌いになり、
テロリストが勢いづくに違いない。

imagesTDCY5FY6.jpg

ジャイアンは子どもの世界だから生きられる
のであって、大人がジャイアンになってはい
けないのである。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

こんなジジイに世界が振り回されるのかよ!? [放言]

アメリカのメディアには、有力者の発言を検
証する機関があるのだそうだ。この機関のチ
ェックによると、ドナルド・トランプの発言
の内、88%が虚偽か事実誤認によるものだ
そうである。発言のほとんどが嘘というのに、
こういう人物がUSAの舵取りをするように
なるとは、何と言う不幸な時代なのだろう。

しかも、日本の自動車産業に対する発言は、
1980年代の貿易摩擦そのままの認識だし、
中国の為替操作という発言も、実は自分の方
がツイッターで「ドルが強すぎる」などと口
先介入しているのだから、偉そうなことは言
えない。こうした暴言ジジイの手の中にアメ
リカ軍と核兵器があると思うと、実に恐ろし
いことではないか。本当に中国に核兵器を撃
ち込みかねない人物であると思う。メキシコ
国境に壁を作るのだそうだが、その費用をメ
キシコ合衆国が払うわけが無い。無駄に税金
を使って、万里の長城を造ったところで観光
名所にすらならないだろう。

Donald-Trump_003.jpg

アメリカが内向きになり、勝手に自滅するだ
けなら良いが、他の国々を巻き込むのは間違
いない事であるからタチが悪いのである。
その暴言ジジイに追従するのが、わが「でん
でん」首相という子犬である。どうにもこう
にもお先真っ暗ではないか!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

基本的な教養が無いのだろうね [苦言]

安倍首相が「訂正云々」と書かれていた答弁
書を「訂正でんでん」と読んで、ネット上が
失笑で溢れている。そういえば、この人の先
代の(自民党の)首相だった麻生太郎氏も、
漢字を読むのが苦手だった、と今思い出した。
漫画は良く読んでいるようだが。

結局のところ、この人たち、大言壮語してい
るけれどお勉強は大の苦手で、子どもの頃か
ら基本的な教養を身につけていないのだろう
なぁ、と思う。

さらに、この人もそう。

子泣きじじい.jpg

内申書裁判での武勇伝という思い出をよすが
にして今まで政治家をやって来たが、結局語
る言葉に重みがまるで無い。思いつきで軽い
ノリの発言が実に多く、シンポジウムなどで
も周囲の出席者(大学教授など)との会話が
成立していない。重厚な発言に対し、軽い言
葉で返すので相手が呆れてしまい、議論が続
かないのである。そして、安倍首相もそうだ
が、議会でのやり取りを見ていると、時々キ
レてわけの分からないことを言い出す点も共
通している。やはり基本的な教養の無い人は、
どれだけ飾っても小物に過ぎないということ
だろう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

天皇陛下の退位、なぜ早く決められない? [怒!]

天皇陛下の昨年の「おことば」によって示さ
れた退位への意向。しかし、政府の検討は遅
遅として進まない。なぜ、これほどに時間が
かかるのか。象徴天皇であることを十分に意
識され、さらに政治介入にならないように言
葉を選び、その上で示されたおことばである。

無題.png

それなのに、政争の具として利用しようとか、
皇室典範の改正に消極姿勢を示すとか、現在
の政権党は意地悪をしているとしか思えない。
相手は80歳を過ぎた高齢者なのである。
日々行われている公務の回数を聞いて、国民
の多くが驚いている。実に多忙なのである。
それなのに、地震などの被災地には総理大臣
よりも早く、しかも頻繁に出かけて国民を見
舞っている。こうした高潔なお方が、そろそ
ろ隠居したいと言っているのに言うことを聞
かない政治家は、やはり「政治屋」に過ぎな
いと思う。早く譲位を実現して、好きな研究
ができるようにして差し上げるのが、人の道
であろう。

どうせ、政治屋どもに人の道を語っても馬耳
東風だろうが、国民の願いを無視し続けてい
るといつかそれは自分たちの落選という結果
になって帰ってくるだろう。驕る平家は久し
からず。驕るアホ晋三も久しからず、である。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。