So-net無料ブログ作成
検索選択

少し不便な社会に戻すべきである [雑記]

宅配便の大手各社が、人手不足による過剰労
働に揺れている。残業代を十分に払っていな
いとして、労働基準監督署から勧告された会
社もあるようだ。まさにブラック認定である。

無題.png

こうなったのも、ネットショッピングをする
人が増え、その品物をいかに早く届けるかと
いう競争が起こっているからである。確かに、
欲しいものが何時でも買えて、家まで届けて
くれるというのは、誰にとっても嬉しいこと
である。しかし、届けさせられる側にとって
は苦痛でしかない。小さなものでも、たった
一品でも箱に入れて送り出すのであるから、
荷物はどんどん増えていく。しかも、気まぐ
れな買主は、留守にしていることも多々ある
のだ。再配達が溜まっていく。それとともに、
ドライバーたちの疲労も溜まっているという
ものである。

なぜ、そんなに便利にしたがる?お年寄りが
増えて、買い物難民が増えて、などと主張す
る向きもあるだろうが、すぐに買ってすぐに
届くことに血道を上げる必要がそこまである
のか?1つだけでは送らないとか、数日掛か
ったところで何か問題があるだろうか。人間
の欲には限りがないが、人間の数には限りが
ある。運ぶ人が居なくなったらこのビジネス
スタイル自体が成り立たなくなるのだ。通販
会社も運送会社も、今一度時代のネジを巻き
戻して、真剣に考えてみたほうがよい。少し
くらい不便になっても、持続性のある社会
方が良いと思うのだが・・・!?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

下北沢「天狗まつり」の豆まき [雑記]

下北沢の町では、毎年節分の少し前の休日に
天下一天狗道中」というイベントが催され
る。これは、北沢にある真龍寺というところに
伝わるもので、一本足の下駄を履いた大天狗
を中心に、烏天狗や扮装をした街の人々が練
り歩き、諸方で豆を撒くというものである。
この寺の守り神が天狗なのだそうで、その豆
まきが少し変わっている。

11627967.jpg

普通なら叫ぶはずの「鬼は外」を言わないの
である。「福は内」だけを三唱し、鬼は登場
しない。これは寺の開祖と言われる和尚さん
が「心に福が満ちれば、鬼はおのずと退散す
る」と語ったことによるものらしい。(諸説
あり)なるほど、鬼を追い払うのではなく、
福を呼び込むことで鬼の居場所を失くすとい
うわけだろう。

このイベントの大天狗は、商店街で最も身長
の高い若者が選ばれ、一本足の高下駄で歩く
練習を積んで、当日を迎えるという。豆を受
けようとする人で商店街はけっこうな混乱?
になるが、それよりも困るのは豆を踏み潰す
と、せっかくの透水性舗装が詰まってしまう
ことらしい。今風な悩みである。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

阪神大震災から22年 [雑記]

いろいろあった1995年。その中でも最大
の事件が阪神淡路大震災であろう。まだ、う
ちの嫁さんの両親が健在で宝塚市に住んでい
た時代である。宝塚といえば、震度7の激震
に遭い、旧街道沿いの民家がことごとく崩壊
した場所である。実家はその旧街道のすぐ上
にあり、大変な揺れに襲われたが倒壊は免れ
た。

n-REMEMBER-19950117-large570.jpg

あの日、何度電話しても掛からず、大いに焦
りながらリダイヤルボタンを押し続けた。
200回目くらいにようやく掛かったのだが、
停電していたのでベルが鳴らず、笛のような
情けない音がしていたのだそうだ。「誰や、
こんな時に笛を吹くのは?」と義母が言い、
義父が「あほ!電話や!!」と気づいたのは
10回くらい鳴らしてから。

そして、「家の中はぐしゃぐしゃやけど、体
は無事や!」と聞いて一気に血の気が戻った
のを覚えている。あんな思いは二度としたく
ない、と思っていたら、2013年には東日
本大震災、そして2016年には熊本地震
ある。地震国に住んでいる宿命ではあるが、
もうあの日のような血の気の引く思いはした
くないものである。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

バカリズム脚本の「黒い十人の女」・・・なかなかやるねぇ!? [雑記]

元々深夜帯のドラマは見ないようにしている。
それを録画してまで見ようと思ったのは、か
の市川昆監督の映画黒い十人の女」のリメ
イクドラマで、しかも主演が船越英一郎さん
(映画で主演した船越英二さんの息子さん)、
脚本がバカリズムさんであったことによる。

しかも、テレビ局のプロデューサーであると
いうことと、愛人が9人居るということ以外
の設定を大幅に変更し、今様にしたという点
でも期待大であった。見ていない人が居ると
いけないから、ネタバレは最小限にするが、
何しろネタ満載。

愛人の一人で女優役のトリンドル玲奈が子ど
も番組のように人形と一緒に(不倫)用語の
解説をする場面などもある。しかもその人形
(レッサーパンダ風)の顔がバカリズムに似
ており、声は彼のもののようだ。
「クズなの?」などとそのキャラクターが混
ぜ返すところも面白かった。

imagesN4XRDIP7.jpg

また、狂言回し役の成海璃子さん(テレビ局
の受付嬢で愛人歴が最短)の心の声を表現す
る表情がまた最高であった。子役時代から見
ているが、これほど演技派だとは思わなかっ
た。何しろ面白い。平均して3%台の視聴率
だったようだが、深夜でこの数字は凄いとい
えるのではないか?ぜひ、バカリズム脚本の
次回作をやって欲しいものである。
それにしても、深夜帯にこれだけ豪華な配役
をするとは・・・読売テレビ、なかなかやる
ねぇ!(笑)

風松吉(プロデューサー) 船越英一郎
風 睦(松吉の妻でレストランオーナー)
  若村真由美  ← この役ぴったり!!!
愛人たち
 水野美紀 佐藤仁美 成海璃子 MEGUMI
 トリンドル玲奈 ・・・

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

新井選手は何故、阪神に合わなかったのかなぁ? [雑記]

今年のセ・リーグMVPは、広島カープの新
井貴浩選手39歳に決まった。セ・リーグM
VPの最年長だそうだ。(ちなみにパ・リーグ
では40歳の門田○博が最年長)

imagesD34ERO22.jpg

それにしても、近年ずっと不調が続いて、阪
神を戦力外になったはずの新井選手が、広島
に戻ると何故、ここまで活躍できるのだろう
か?彼にはきっと、阪神の本拠である大阪
水が合わなかったのだろうと思える。

阪神ファンは熱烈である反面、ちょっと不調
になると容赦無いヤジが飛んでくるという手
の平返しが得意である。以前のコマーシャル
で、桂ざこば師匠が演じる男が、酒場でビー
ルを飲みながら「川藤を出さんかい!」と叫
んでいる場面があった。そして川藤登場。し
かし、フルスイングで三振。
するとおっちゃんはこう言って笑うのである。
「ほんまに出してどないすんねん!!!」
これが大阪の気質である。

こういう気質が、生真面目な新井選手には合
わなかったのだろうな、と思う。一方、広島
の方々は言葉は荒いが、こういう手の平返し
はしない。応援の方向性が違うのである。
今年の新井選手は正に、水を得た魚のような
状態であった。阪神ファンからすると「阪神
に居るうちに、この活躍をしてくれよ!」と
切歯扼腕しそうだが、それも仕方あるまい。
来年は糸井選手が阪神に来る。失礼ながら、
お顔は正に阪神顔!!!(爆)きっと活躍し
てくれるだろうと期待しておる。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

トランプ相場はいつまで続く? [雑記]

このところ、東証の株価は上がり、通貨
円安になってきている。アメリカ大統領選
直後は「トランプショック」とか言って、
大暴落していたのに、むしろ高騰してきて
いる。何故だろう?暴言大統領(次期)が、
思ったよりも無茶はしなさそうだ、という
変な期待でもあるのだろうか。

Donald-Trump_003.jpg

しかしながら、メキシコとの壁はフェンス
になるとしても作るみたいだし、相変わら
ずイスラム教徒は嫌いみたいだし、キュー
バとの関係も悪くなりそうだ。中国は警戒
しているが、軍事的には歓迎ムード。北朝
鮮は・・・分からん。

そう、こう見ると実際は今までと変わらず
「不確定要素」だらけではないか。そんな
先の見えないところで相場が動くというの
は不思議極まりない。もしかして、アメリ
カが保護主義になってくれた方が日本の産
業は儲かるというのか。それとも、米軍が
引き上げて、国防軍(嫌だね、こんな呼び
方!)を作るために軍需産業に特需景気で
も発生するというのか。いずれにしても、
あまり平穏な姿とは言えない。

そんなことを期待して、投資しているよう
なら、いずれ何かで裏切られるような気が
する。今は「見(けん)」が正しいような
気がしているのはそれがしだけ?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

高齢ドライバーの事故に思う [雑記]

このところ、高齢のドライバーが起こした交
通事故のニュースが多い。しかもその大半が
人身事故である。高齢者が運転することを否
定するものではないが、小学生の死亡事故を
起こした爺様は、前日から24時間も運転し
ていたというし、2人の死亡事故を起こした
お婆さんは、その直前まで病院の危篤状態の
夫に付き添っていたという。ただでさえ体力
の無いお年寄りが、こういう状況で運転して
いたのでは、正常な判断や運転動作ができる
とは思えない。

高齢者が車を使わなくても、通院や買い物
できる、コンパクトな街づくりをするべきな
のである。あと、認知症の検査も大切だろう。
先日も逆走している軽乗用車を見た。運転者
は明らかに高齢者であったが、自分がどこを
走っているのか分からないような表情だった。
もう少し、車ではない乗り物(例えばシルバ
ーカーのようなもの)を進化させて、高齢者
が運転をしなくても済むような社会にして欲
しいものである。

無題.png

そして今日もまた、高齢者の事故が。何だか
続く時には続くものである。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

不能欠損という制度 [雑記]

これは純粋なる「役所言葉」である。保育
や国保料といった債権を払わない人が居ると、
行政だって当然に「督促」や「催告」を行う。
それでも払わないと、時効になって債権を放
棄せざるを得なくなる。債権を放棄して、予
算決算から除外する行為を不能欠損というの
である。

たとえ払えない理由があって、それを申告し、
分割払いにするなどの手立てを取れば、健康
保険も保育園もちゃんと利用することができ
る。しかし、中には逃げ得があるのも事実で
ある。この債権を放棄する行為にかみつく輩
(アホな議員)が居る。曰く、「きちんと取
るべきものを取らないというのは、公平性に
欠ける」「ちゃんと払っている人たちにどう
説明するのか」等々。

無題.png

では、本気で取り立てるとどうなるか。税金
については割に本気で債権管理が行われる。
マルサ、と呼ばれる部隊が、滞納者の家に行
って、差し押さえの紙を貼っている姿がテレ
ビに出ることもある。しかし、あの行為で滞
納された金額が全て払われて居るとお思いか?
否、である。家に国税庁の職員が来て、あち
こち見られ、しかも差し押さえをされるとい
うことで「世間体が悪い」と思わせ、その後
の滞納を防ぐ効果は確かにあるだろう。しか
し、あの部隊がフルに活動したとしても、滞
納額全額を差し押さえるのは困難だし、それ
にかかる経費の方が滞納額を上回りかねない。

つまり、きちんと取り組むべきではあるが、
小額の滞納まですべてしゃかりきになって債
権管理をするというのは無理であるし、無駄
であるということである。債権管理をするく
らいなら、払わない人間に医療も保育も受け
させないという、鬼のような対応をする方が
まだ効果があるだろう。しかしそれは一方で、
人間らしい生活を奪うということでもある。
人権とのバランスもまた大切にしなくてはな
らない。その辺の感覚をしっかり持たないと、
地方議員であってもその無知さを笑われるこ
とになるぞ!!!

消えるデパート [雑記]

子どもの頃、デパートへ行くのが楽しみだっ
た。何かを買ってもらうからではない。あの
雰囲気が好きだった。デパートの食堂で食べ
るスパゲティミートソースは、大人の味がし
た。子どもにも丁寧に接する店員さんの姿も
好ましかった。

しかし、時代は変わっている。このところ、
そのデパートの撤退が相次いでいる。地方都
市だけではない。関西圏や首都圏駅前にあ
るデパートが次々に消えていく。以前住んで
いた八王子には、多い時には3軒ものデパー
トがあったが、駅と一体化した「そごう」が
出来てから次々に撤退し、そのそごうも先日
閉店してしまった。50万都市でもそんな具
合である。
品質より値段、接客より品数なのだろうか。

images.jpg

今や、都心に行かないとデパートが無い、と
いった状況になってきている。値段は安いが
無機質な量販店は大嫌いだ。そんな店ばかり
になっていくと、買い物をする気にもならな
い。あの温かさに満ちた空間を何とか守って
もらいたいものである。

ノーベル賞ウィークに思う [雑記]

毎年、ノーベル賞が発表される時期がやって
きた。ここ数年、日本人の受賞が続き、今回
も最初の医学・生理学賞で大隅良典さんが単
独受賞を決めた。日本人の単独受賞は3人目
で、29年ぶりの快挙だという。

無題.png

日本の研究者が、科学の基礎研究に大きく貢
献し、その研究から多くの派生した医学上の
発見、新薬の創造、病気の克服などを生み出
しているわけである。号外が配られるほどの
ニュースになり、それを受け取った人々は
日本人としての誇りを取り戻したような笑顔
を見せた。

でも、ちょっと待ってほしい。そんな日本国
は研究者たちに優しい国なのか?発光ダイオ
ードの中村教授は、企業と仲違いしてアメリ
カに根拠地を移し、また、大学などの研究費
が少ないために、山中教授などは寄付を募る
ためにマラソンを走ったりもしている。企業
の研究費に比べて大学などの基礎研究への投
資額が少ないのが日本国の実情のようだ。
しかし、企業での製品開発についても、大学
等の基礎研究があってこそのものではないだ
ろうか。むしろ、企業などが大学へ出資して、
基礎研究を支援すべきものではないかと感じ
る。すぐに製品になるような研究だけが大切
にされているような気がする。

さらに、技術大国を目指すのであれば、国も
もっと研究者に手厚い支援をするべきであろ
う。ノーベル賞の時だけ、研究者をもてはや
すのではなく、毎年毎年の基礎研究にもっと
もっと予算をつぎ込んで、支援すべきなので
ある。そうでないと、資源の無い島国はその
うち沈没を始めるに違いない。