So-net無料ブログ作成

日本人を「ポチ」にする教育 [放言]

ドイツでは「全員の中で1人だけでも反対が
できる」人間を育てるという教育がなされる
そうである。一方、わが日本ではどうかとい
うと「全員が賛成しているのに、何故一人だ
け反対するの?」と非難する風潮がある。

全会一致とか、異議なしとか、そういうこと
が美点だと思わされている。しかし、それは
民主主義と相反するのではないか?少数の反
対者を大切にする、というのが民主主義の基
本である。少数者を抑圧するのは、正に全体
主義・独裁主義の特徴である。今の国会は、
数の力を利用して、まさに少数の反対者を抑
圧し、強行採決や手順の変更を繰り返してい
る。日本はいつから全体主義、或いは独裁国
家になったのか?共謀罪にしても、無理やり
通す必要など皆無である。こういうことを書
いていると、そのうち検閲対象になってしま
うかも知れない。物言えば唇寒し、日本国。

こんな政権はとっとと退陣してもらいたい。
まずは都議選で鉄槌を下すことだろう。

無題.png

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。