So-net無料ブログ作成
検索選択

「若手の斬新な意見を求める!」と、ベテランは腐る? [苦言]

自分は還暦を過ぎているのに、どうも若い人
の意見、というのが好きな首長が居る。いつ
ものことながら、それはこの人。

imagesNTUF03EA.jpg

シンポジウム好きという話は以前に書いたが、
もう一つ好きなのが「若い人の斬新な意見
というやつ。若手の職員(30歳台まで)を
集めて、ワールドカフェ方式(議題ごとにグ
ループのメンバーを入れ替えて議論する方式)
で討論をするというスタイルが好きなようで
ある。オリンピックについての検討もそうだ
し、実施計画づくりにもこの方法を取り入れ
るようである。でも、若手重視は良いが、本
当にそれだけで良いのか?

実際に政策を創り上げるのはその上の世代=
ベテラン層である。若手が出した斬新な意見
をそのまま具現化するほどお人よしではない
だろうし、彼らなりのフィルターやオブラー
トに包んでしまうのではないか。それよりも、
そういう検討の場に酸化できないベテラン層
は「どうせ相手にされないのね!」とやる気
が失せるのではないのか。もともとお役所な
んていう所は、やる気の薄いベテラン層を抱
えているわけで、彼らのやる気をさらに失く
すと組織のゾンビになってしまいかねない。

改革、改革と叫ぶ前に自分の頭の中を少し改
革してみてはどうですかね。某区長どの!!!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

下北沢「天狗まつり」の豆まき [雑記]

下北沢の町では、毎年節分の少し前の休日に
天下一天狗道中」というイベントが催され
る。これは、北沢にある真龍寺というところに
伝わるもので、一本足の下駄を履いた大天狗
を中心に、烏天狗や扮装をした街の人々が練
り歩き、諸方で豆を撒くというものである。
この寺の守り神が天狗なのだそうで、その豆
まきが少し変わっている。

11627967.jpg

普通なら叫ぶはずの「鬼は外」を言わないの
である。「福は内」だけを三唱し、鬼は登場
しない。これは寺の開祖と言われる和尚さん
が「心に福が満ちれば、鬼はおのずと退散す
る」と語ったことによるものらしい。(諸説
あり)なるほど、鬼を追い払うのではなく、
福を呼び込むことで鬼の居場所を失くすとい
うわけだろう。

このイベントの大天狗は、商店街で最も身長
の高い若者が選ばれ、一本足の高下駄で歩く
練習を積んで、当日を迎えるという。豆を受
けようとする人で商店街はけっこうな混乱?
になるが、それよりも困るのは豆を踏み潰す
と、せっかくの透水性舗装が詰まってしまう
ことらしい。今風な悩みである。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

恵方巻 [食]

世の中では思わぬものが大流行することがあ
る。節分では昔から「豆まき」だったはずな
のだが、今は豆より「恵方巻」である。この
恵方巻、元々は関西の風習であった。いわゆ
る太巻き寿司を、切らずに一本丸ごと食べる
もので、その歳の恵方(=歳徳神が居られる
方向)を向き、願い事を念じながら無言で食
べるというものである。さらに元々は、京大
阪の豪商が、芸妓たちにこの恵方巻を食する
ことを強要し、その苦しむ姿を見て楽しんで
いたという、いささかサドっ気のある催しだ
ったらしい。(諸説あり)

無題.png

初めてこの恵方巻というものに遭遇したのは、
今から50年近く前。大阪に転勤になった父
とともに親戚の家に宿泊していたところ、ち
ょうど節分だったので、夕飯にこれが出され
た。「何?これ?」と叔母に聞くと、「これ
を1本、こっちの方角を向いて食べるんや。
でも、途中でしゃべったらあかんで!」と言
われたのである。子どもだったので、けっこ
う苦労した。しかし途中で父が帰宅し「何し
てる?」と聞いたものだから堪らない。喉に
詰めそうになって苦しかったことを覚えてい
る。

こんな不思議な風習が、コンビニエンススト
アを通じて全国区になるのだから世の中は不
思議である。最近では、豆まきをすると掃除
が大変、ということで豆は省略し、恵方巻だ
け、という家も増えているそうだ。まあ、節
分という行事自体が、大昔の平安時代とは違
ってきているので、イベントは世につれ、と
いうことで良いのかも知れないが(苦笑)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感