So-net無料ブログ作成

傲慢の罪 [怒!]

最近、国会中継を見ていて、どうにも自民党
(特に総理)の傲慢さが鼻につく。所信表明
でスタンディング・オベーションを仕掛け、
その後の答弁では、民主党政権時代と比較し
て「あなた方の時代より良い結果を出してい
る」と批判する。アベノミクスなど、経済が
少しだけ好転しているのは彼の政策というよ
り「たまたま」そうなったものが多い。にも
かかわらず、まるで自分たちの手柄のように
誇るのはいかがなものか。

特に、ヤジに反応して「静かに」というくせ
に、自分もヤジを飛ばすという品性の無さ。
また、ちょっと煽られるとムキになって反論
する子どものような態度。これが一国の総理
大臣かと情けなくなる。しかも、解散の機会
を伺っているとの報道もある。今は「我が世
の春」かも知れないが、いつまた風向きが変
わるか分からない。ちょっとしたきっかけで
支持率が急落することもあり得るのだ。特に、
株価などが急落し、物価が急騰するなど暮ら
しに響く変化があった時は、必ずや時の政権
に批判が集まるものだ。そうなってから焦っ
ても、風向きはなかなか変わらない。

今、あまり傲慢な態度で居ると、大きなしっ
ぺ返しが来ると覚悟した方が良いと思う。


取り戻す.jpg

子どもに(若者に)優しい自治体は、高齢者にとって優しくない!? [怒!]

とある首長が、子どもに優しい自治体、若者
の住みやすい自治体を標榜している。そう、
この人である。

子泣きじじい.jpg

フィンランドのネウボラを真似して「妊娠期
からの切れ目の無い子育て支援」をやるそう
だし、生きづらさを抱えている若者に「寄り
添う」政策を展開するのだそうである。
ところで、住民の中で一番多数派の高齢者や、
それがしたちのような高齢者予備軍に対して
は何をしてくれるのか?あまり目立った政策
は打ち出されていない。住み慣れた町で住み
続けられるように!というスローガンが小さ
く書かれていたが、実はこれは前の首長が提
唱したスローガンである。一番納税している
層と、今まで納税してきた層には優しくない。

また、選挙で投票してきた層についてもあま
り優しいとはいえない。これから先、子ども
や若者が自分に投票してくれるとでも思って
いるのだろうか?いやはや、そこまで長期政
権を狙っているのかね。道路が狭いし、地震
に弱そうだし、高齢者が入れる施設は民間の
お高いホームばかり。こんな状態の自治体で、
子どもや若者に肩入れしている場合だろうか?
こういうのを「的外れ」という。

その的外れの人に期待して、選挙で票を入れ
た貴方。貴方がもし大人なら、あまり大切に
されていませんよ。次回はよく考えてから投
票した方が良いと思いますよ!本当に。

不能欠損という制度 [雑記]

これは純粋なる「役所言葉」である。保育料
や国保料といった債権を払わない人が居ると、
行政だって当然に「督促」や「催告」を行う。
それでも払わないと、時効になって債権を放
棄せざるを得なくなる。債権を放棄して、予
算決算から除外する行為を不能欠損というの
である。

たとえ払えない理由があって、それを申告し、
分割払いにするなどの手立てを取れば、健康
保険も保育園もちゃんと利用することができ
る。しかし、中には逃げ得があるのも事実で
ある。この債権を放棄する行為にかみつく輩
(アホな議員)が居る。曰く、「きちんと取
るべきものを取らないというのは、公平性に
欠ける」「ちゃんと払っている人たちにどう
説明するのか」等々。

無題.png

では、本気で取り立てるとどうなるか。税金
については割に本気で債権管理が行われる。
マルサ、と呼ばれる部隊が、滞納者の家に行
って、差し押さえの紙を貼っている姿がテレ
ビに出ることもある。しかし、あの行為で滞
納された金額が全て払われて居るとお思いか?
否、である。家に国税庁の職員が来て、あち
こち見られ、しかも差し押さえをされるとい
うことで「世間体が悪い」と思わせ、その後
の滞納を防ぐ効果は確かにあるだろう。しか
し、あの部隊がフルに活動したとしても、滞
納額全額を差し押さえるのは困難だし、それ
にかかる経費の方が滞納額を上回りかねない。

つまり、きちんと取り組むべきではあるが、
小額の滞納まですべてしゃかりきになって債
権管理をするというのは無理であるし、無駄
であるということである。債権管理をするく
らいなら、払わない人間に医療も保育も受け
させないという、鬼のような対応をする方が
まだ効果があるだろう。しかしそれは一方で、
人間らしい生活を奪うということでもある。
人権とのバランスもまた大切にしなくてはな
らない。その辺の感覚をしっかり持たないと、
地方議員であってもその無知さを笑われるこ
とになるぞ!!!

消えるデパート [雑記]

子どもの頃、デパートへ行くのが楽しみだっ
た。何かを買ってもらうからではない。あの
雰囲気が好きだった。デパートの食堂で食べ
るスパゲティミートソースは、大人の味がし
た。子どもにも丁寧に接する店員さんの姿も
好ましかった。

しかし、時代は変わっている。このところ、
そのデパートの撤退が相次いでいる。地方都
市だけではない。関西圏や首都圏の駅前にあ
るデパートが次々に消えていく。以前住んで
いた八王子には、多い時には3軒ものデパー
トがあったが、駅と一体化した「そごう」が
出来てから次々に撤退し、そのそごうも先日
閉店してしまった。50万都市でもそんな具
合である。
品質より値段、接客より品数なのだろうか。

images.jpg

今や、都心に行かないとデパートが無い、と
いった状況になってきている。値段は安いが
無機質な量販店は大嫌いだ。そんな店ばかり
になっていくと、買い物をする気にもならな
い。あの温かさに満ちた空間を何とか守って
もらいたいものである。

ミサイル防衛 本当に出来るのか? [放言]

結論から書いてしまう。「無理!」である。
北朝鮮のミサイルが脅威だということで、韓
国では米軍に迎撃ミサイルシステムの配置が
検討され、日本ではイージス艦の迎撃ミサイ
ルと地上からの「PAC3」の二段構えで迎
撃する体制を取っている。しかし、北朝鮮が
所有するミサイルは数百発と言われ、その内
の一割でも発射されたら打つ手が無くなる。

images0AVHHIWM.jpg

しかも、高高度まで打ち上げる技術も確立し
つつあるようなので、イージス艦のシステム
はもしかすると無力化するかも知れない。
PAC3だって、理論上は飛んでくるゴルフ
ボールにゴルフボールをぶつけようというシ
ステムである。当たる方が不思議なものであ
る。しかも数が圧倒的に少ない。多数飛んで
きたら、対応不能に陥る。つまり、ミサイル
は撃たれたら終わりである。撃つ前に潰すか、
それとも撃たせないように政治で押さえ込む
か、いずれかしか無いのである。もちろん、
撃てば必ず報復されるので、撃つにはかなり
の覚悟が必要だろう。しかし、あの国の場合、
ヤケになって撃たないという保証は全く無い。
外交や制裁で押さえ込み、あの国が自壊する
のを待つしかないのだろうか。誠に憂鬱な隣
人である。

暴言ですが、再び! [放言]

またまた暴言だが、再び主張したい。「学割
かつ親の金で電車に乗っている児童生徒ども。
座席に座らず立って居ろ!」

目の前にお年寄りが立ってよろよろしている
のに、ゲームに興じて気づかない(或いは、
気づかないフリをしている)ガキ。誰のおか
げで電車に乗っておるのか?自分では一銭も
払わず、仕事で汗も流さないくせに、座って
いるんじゃない。お前たちに座る権利は無い。
学校で、そういうことをきちんと教えるべき
である。そうでなければロクな者に育たない。

ゲームをしながらの会話も、実に下らないも
のばかりである。うるさいし、わけがわから
ないし、うろうろして目障りだし。
遠距離通学ならともかく、1駅2駅の利用な
ら、親のためにも歩け。一番体力が付く時期
である。歩け、歩けと言いたい。できれば走
れ。学校が休みになると、実に平和を感じる。
新学期になって、マナーの悪いガキが増える
ときは実に憂鬱である。

images7Q70QST5.jpg

繰り返す。学割のガキは立ってろ!!

二匹目のドジョウはたぶん居ない [苦言]

大阪府の松井知事が、2025年の万国博覧
会を大阪に誘致したいと表明した。1970
年の万博を覚えている身としては、ちょっと
複雑である。会場は千里丘陵ではなく、湾岸
部の「夢洲(ゆめしま)」だそうである。

imagesXL7XEJLQ.jpg

前回の大阪万博は、確かに大阪経済に良い影
響を与えてくれた。交通網が整備され、街中
のインフラが良くなり、さらに治安も良くな
ったように感じた。高度成長期の上向きの時
だからこそ、そうした相乗効果が生まれたの
だろう。人類の進歩と調和というテーマは、
行列の辛抱でかき消されたように思うが、確
かに新しい風は感じられた。

しかし、今回はどうか。既に2020年の東
京オリンピック・パラリンピックの効果は消
滅しかけているだろうし、今以上に少子高齢
化は進み、産業は空洞化しているだろう。
人口も減少に転じ、大阪は膨張よりも縮小、
コンパクト化へと向かうべき時期になってい
るはずである。そういう時期に、未来を志向
したイベントをやってどうなるのだろうか?
たぶん、前回のような集客や興奮は生まれな
いと思う。

大阪府が今やるべきことは、財政を立て直し、
健全経営にして、誰もが住みやすい町を実現
していくことだと思う。浮かれている場合で
はないと思う。

二匹目のドジョウはたぶん、いや絶対にその
場所には居ない!!!

政教分離についての大きな誤解 [放言]

とある地方議会の委員会質疑で「職員が神社
で玉串奉奠をしていたのは憲法に定める政教
分離に違反している!」と主張している議員
が居た。とんでもない誤解である。
玉串奉奠などの行為=違憲、ということには
ならない。

そもそも、憲法の政教分離の原則は、戦前の
国家神道による他の宗教への弾圧と、国民へ
の国家神道信仰の強制を受けて、そうした政
治による思想や宗教の押し付けを反省して規
定されたものである。だから、小泉純一郎首
相が靖国神社の真榊料を納めて参拝した行為
について、「違憲」という判断が下ったので
ある。国家神道のまさに先鋒的存在であった
神社に、現職(だった)総理大臣が参拝する
という行為自体を、政治の宗教への介入と見
たのである。

ところが、前出の玉串奉奠は地域の鎮守様の
祭礼に参加した職員が行ったもので、しかも
彼らは懇親会である直会に出るためにその祭
礼に赴いたのである。それを「政教分離に違
反」というのは言いすぎだろう。
私たちの生活の中には、正月に餅を食べるこ
と、おせちを食べることから始まり、雛祭り、
端午の節句、クリスマスに到るまで、宗教に
由来するさまざまな行事が存在する。そうし
た「世俗化」した行事までを政教分離の対象
にしているものではない。現に、現在の通説
である「津地鎮祭大法廷判決」は、玉串奉奠
を含んだ地鎮祭そのものを世俗化した行事と
しており、違憲とは判断していない。

05173f6e934f7eec0d796c12d1f44840-300x224.png

こんなことも知らずに、一方的な思い込みで
地域と懇親を深めようとした職員たちを貶め
る、そんな議員は辞表を書け。

ノーベル賞ウィークに思う [雑記]

毎年、ノーベル賞が発表される時期がやって
きた。ここ数年、日本人の受賞が続き、今回
も最初の医学・生理学賞で大隅良典さんが単
独受賞を決めた。日本人の単独受賞は3人目
で、29年ぶりの快挙だという。

無題.png

日本の研究者が、科学の基礎研究に大きく貢
献し、その研究から多くの派生した医学上の
発見、新薬の創造、病気の克服などを生み出
しているわけである。号外が配られるほどの
大ニュースになり、それを受け取った人々は
日本人としての誇りを取り戻したような笑顔
を見せた。

でも、ちょっと待ってほしい。そんな日本国
は研究者たちに優しい国なのか?発光ダイオ
ードの中村教授は、企業と仲違いしてアメリ
カに根拠地を移し、また、大学などの研究費
が少ないために、山中教授などは寄付を募る
ためにマラソンを走ったりもしている。企業
の研究費に比べて大学などの基礎研究への投
資額が少ないのが日本国の実情のようだ。
しかし、企業での製品開発についても、大学
等の基礎研究があってこそのものではないだ
ろうか。むしろ、企業などが大学へ出資して、
基礎研究を支援すべきものではないかと感じ
る。すぐに製品になるような研究だけが大切
にされているような気がする。

さらに、技術大国を目指すのであれば、国も
もっと研究者に手厚い支援をするべきであろ
う。ノーベル賞の時だけ、研究者をもてはや
すのではなく、毎年毎年の基礎研究にもっと
もっと予算をつぎ込んで、支援すべきなので
ある。そうでないと、資源の無い島国はその
うち沈没を始めるに違いない。

「ローマクラブ」資源枯渇の嘘 [怒!]

30年くらい前だっただろうか?「ローマク
ラブの提言」とかいう本が、えらく注目され
たことがあった。曰く「今のままで大量消費
していたら、資源が枯渇し、人類は滅亡の危
機にさらされる」というものだった。

例えば、石油なら30年で資源が無くなる、
石炭なら何年、鉄鉱石なら何年、ウラン鉱石
なら何年・・・と具体的な数値を挙げて、こ
のまま資源を節約しないで生産活動をすると、
人類は危機に瀕する、と警告したのである。

無題.png

では、その通りになったのか?否、である。
石油はまだまだ出ているし、シェールオイル
などという新資源も登場している。他の鉱石
類についても枯渇したということは無い。
むしろ、ウラニウムを使いすぎて、そのごみ
の処理に困っているくらいだ。これはどうい
うことなのか?おそらくは、当時の技術によ
る資源量の予測が大幅に狂っていたというこ
とだろう。それでも、いつかは枯渇する資源
が出る。日本の佐渡金山が金鉱石を掘りつく
したように。だから、資源は大切に使うべき
だし「都市鉱山」のように資源がリサイクル
できるものは回収して使わなくてはならない。

一方で、ごみという点ではむしろ危機的状況
にある。例えば、東京都ではごみ減量に努め
ているが、最終処分場である埋立地の容量は
あと50年で一杯になる。その後の最終処分
場は目処が立たない。
もっと大変なのが「核のごみ」である。今、
日本では躍起になって原子力発電所の再稼動
に取り組んでいるが、その使用済み核燃料の
処分方法が確立していない。福島第一原発の
デブリを含め、最終処分場を早急に作る必要
があるが、まったく未定のままである。この
状態で、原子力を使うというのは地球のごみ
を増やすだけではないか?

資源の心配よりも、そこから生まれる廃棄物
の処理の方が実は重要なのである。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。