So-net無料ブログ作成

都民ファーストは案外勝てない気がする [放言]

小池都知事の登場とともに、鳴り物入りで登
場した「都民ファーストの会」という会派。
都知事選に多くの候補者を立てて、都議会自
民党を蹴落とし、知事シンパを増やそうとい
うことのようである。しかし、最近の状況を
見ていると、それほど大勝しないのではない
かと思えてきた。

まず、小池人気に陰りが見える。豊洲市場の
件では、移転先延ばしを決断したまでは良か
ったが、結局市場がどこになるのか、宙に浮
いたままである。その分、維持費や市場関係
者への補償が膨らんでいる。そして、オリン
ピックの会場見直しは3件全てで頓挫。費用
負担の見直しも、国が介入して決定するとい
う体たらくである。しかも、保育待機児対策
を声高に言っている割に東京都は何もしてい
ないに等しい状況。「日本死ね」と書き込ん
だ母親たちから落胆の声が聞こえる。

何よりも、都民ファーストの候補者たちは知
名度が無さ過ぎる。世田谷選挙区では定数8
に対して自民3、公明1、共産1という現職
の候補が出るのに対し、都民ファーストは1
人のみ。あとは民進党の元職2、社民党、生
活者ネットの新人各1、残りの数人が無所属
である。これでは、自民・公明・共産といっ
た知名度のある現職に割り込むことが出来る
かどうかも怪しいものである。他の選挙区も
似たり寄ったり。区議などをしている知名度
のある新人は当選出来るかも知れないが、無
名の新人では苦しいのではないか?案外、自
民が奮戦して、同数くらいになるのではない
かと思える。そろそろ改革の化けの皮も剥が
れてきた模様である。

relay.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0