So-net無料ブログ作成
検索選択

少し不便な社会に戻すべきである [雑記]

宅配便の大手各社が、人手不足による過剰労
働に揺れている。残業代を十分に払っていな
いとして、労働基準監督署から勧告された会
社もあるようだ。まさにブラック認定である。

無題.png

こうなったのも、ネットショッピングをする
人が増え、その品物をいかに早く届けるかと
いう競争が起こっているからである。確かに、
欲しいものが何時でも買えて、家まで届けて
くれるというのは、誰にとっても嬉しいこと
である。しかし、届けさせられる側にとって
は苦痛でしかない。小さなものでも、たった
一品でも箱に入れて送り出すのであるから、
荷物はどんどん増えていく。しかも、気まぐ
れな買主は、留守にしていることも多々ある
のだ。再配達が溜まっていく。それとともに、
ドライバーたちの疲労も溜まっているという
ものである。

なぜ、そんなに便利にしたがる?お年寄りが
増えて、買い物難民が増えて、などと主張す
る向きもあるだろうが、すぐに買ってすぐに
届くことに血道を上げる必要がそこまである
のか?1つだけでは送らないとか、数日掛か
ったところで何か問題があるだろうか。人間
の欲には限りがないが、人間の数には限りが
ある。運ぶ人が居なくなったらこのビジネス
スタイル自体が成り立たなくなるのだ。通販
会社も運送会社も、今一度時代のネジを巻き
戻して、真剣に考えてみたほうがよい。少し
くらい不便になっても、持続性のある社会
方が良いと思うのだが・・・!?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0