So-net無料ブログ作成

教育勅語というもの [苦言]

稲田朋美防衛大臣が、教育勅語を賛美するよ
うな国会答弁をして、批判されている。教育
勅語はそれ自体として右翼的思想や戦争への
賛美をしているわけではないが、いざという
ときには万世一系の天皇家を存続させるため
に命を投げ出すのだよ!臣下たちよ!という
ような内容である。

親を大切にせよ、とか、家族を大事にせよ、
という部分だけを見て、道徳的に正しいと主
張するのは全体の趣旨を見ていない、近視眼
的な読み方なのだ。文語体だから多分意味が
分からず、否定的に見ていない人が多いが、
要するに「朕のために死ね!」ということな
のである。終戦後に衆院・参院ともにこの勅
語を否定したにも関わらず、現職大臣がこれ
を賛美するのは憲法尊重義務違反にあたる。

弁護士出身なのに、法律も憲法もまるで分か
っていない。こんな人物に自衛隊の統括がで
きるのか?さっさと大臣を辞め、議員も辞職
すべきである。

稲田朋美-300x250.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。