So-net無料ブログ作成

恵方巻 [食]

世の中では思わぬものが大流行することがあ
る。節分では昔から「豆まき」だったはずな
のだが、今は豆より「恵方巻」である。この
恵方巻、元々は関西の風習であった。いわゆ
る太巻き寿司を、切らずに一本丸ごと食べる
もので、その歳の恵方(=歳徳神が居られる
方向)を向き、願い事を念じながら無言で食
べるというものである。さらに元々は、京大
阪の豪商が、芸妓たちにこの恵方巻を食する
ことを強要し、その苦しむ姿を見て楽しんで
いたという、いささかサドっ気のある催しだ
ったらしい。(諸説あり)

無題.png

初めてこの恵方巻というものに遭遇したのは、
今から50年近く前。大阪に転勤になった父
とともに親戚の家に宿泊していたところ、ち
ょうど節分だったので、夕飯にこれが出され
た。「何?これ?」と叔母に聞くと、「これ
を1本、こっちの方角を向いて食べるんや。
でも、途中でしゃべったらあかんで!」と言
われたのである。子どもだったので、けっこ
う苦労した。しかし途中で父が帰宅し「何し
てる?」と聞いたものだから堪らない。喉に
詰めそうになって苦しかったことを覚えてい
る。

こんな不思議な風習が、コンビニエンススト
アを通じて全国区になるのだから世の中は不
思議である。最近では、豆まきをすると掃除
が大変、ということで豆は省略し、恵方巻だ
け、という家も増えているそうだ。まあ、節
分という行事自体が、大昔の平安時代とは違
ってきているので、イベントは世につれ、と
いうことで良いのかも知れないが(苦笑)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0